気候の変化から木を守る

木の表面は日光や雨や湿気から保護すべきです。木材の表面塗装は外側も内側も施工完成後できるだけ早く行って下さい。まず、木資材が在庫中や建設中に雨などの水分、湿気にさらされた場合は、充分に乾燥出来ていることを確認して下さい。その後、良質の表面塗料を選びます。良質の表面塗料は多数ありますが、塗料の特徴は各国の湿度や気温状況に応じて異なります。その為木材の塗料を選ぶ折にはその土地での専門家にご相談される事をお勧めします。表面塗装は木を長期間丈夫に保ち、次の世代まで使えるようにする為にマニュアルに従って塗り替えて下さい。

外壁は無色でもいいですね。常に美しく自然ともそのままマッチします。お客様によっては綺麗な木目を演出するステイン塗装も素敵に見えるでしょう。外壁には透明ではない塗料の選択も良いでしょう。